Topics

講演会のお知らせ(於:北海道立近代美術館)

特別講演会「北海道美術の夢」

講師:酒井忠康氏(美術評論家・世田谷美術館館長)
日時:2018818日(土)14:00〜(13:30開場)
会場:北海道立近代美術館・講堂
定員:230名(聴講無料・予約不要・先着順)

 

【講師紹介】
酒井忠康(さかいただやす)
1941年、北海道余市郡余市町に生まれ、高校卒業までを積丹半島に位置する同地で過ごす。
慶應義塾大学文学部美学美術史学科に学び、大学卒業後に神奈川県立近代美術館で学芸員として
勤務する。当時の同館館長・土方定一の勧めで本格的に美術批評に取り組むようになり、
1979年、小林清親について論じた『開化の浮世絵師 清親』で第1回サントリー学芸賞授賞。
以降も、近現代の美術を幅広く論じた著書や彫刻論を多数発表。
現在、世田谷美術館館長、多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授。

 

【展覧会情報】

近美コレクション「北の美術家群像」
会期:開催中〜20181111日(日)
休館日:月曜日(9/179/2410/811/5を除く)、9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)
開館時間:930分〜17時(入場は1630分まで)
     8月中の金曜日は1930まで開館(入場は19時まで)
観覧料:一般510420)円、高大生250170)円 (  )内は10名以上の団体料金。
※無料になる方/65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方など。
※高校生は毎週土曜日、文化の日(11/3)ならびに学校の活動で利用する場合は無料。

主催:北海道立近代美術館(アートギャラリー北海道・北海道150年事業)
後援:札幌市、札幌市教育委員会

 北海道立近代美術館
HOKKAIDO MUSEUM OF MODERN ART
060-0001 札幌市中央区北1条西17丁目
お問い合わせ 011-644-6882
テレフォンサービス 011-612-7000

 

展覧会のお知らせ(於:北海道立近代美術館)

【近美コレクション / アートギャラリー北海道】
北の美術家群像

会期:2018年7月7日(土)−11月11日(日)
開館時間:09:30〜17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日 (7/16、9/17、9/24、10/8、11/5をのぞく)、9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)
会場:北海道立近代美術館 展示室A

北海道立近代美術館では、1977年の開館以来、「北海道の美術」をコレクションの大きな柱として多様な作品を収集してきました。その数は2,446点にのぼり、全所蔵作品の約半数を占めています(2018年3月末現在)。
 このコレクションの制作年代は、北海道の美術が時間的・空間的なひろがりを見せながら展開していった明治から現代にいたる150年にほぼ重なります。本展では、この多様な作品群から、北海道美術史を彩り、大きな存在感を放ってきた美術家たち20名の代表作を展覧します。北海道から生み出された作品をつうじて、150年目のいま、あらためて「アートの北海道」に出会ってみてください。

 

>>展覧会HP